会社案内

事業について

補修工事業から板金加工業へ転換

昭和48年以来、鉄鋼関連会社の溶鉱炉の補修工事を行ってきた。
しかし、鉄鋼不況による高炉の廃止計画が発表されるなど、環境の変化が進んでおり、それに対応する為板金加工へ業種転換を行った。
社名は当初より変わっていない為「工事」となっている。

ものづくりを通じて、社会に貢献する

精密板金加工・製缶加工・機械加工にてものづくりをしていく。
ものづくりと言っても最近では多岐に渡る業界に必要とされる様になった。
炉体、発電機、半導体製造装置、車両、特装車、昇降機、各種産業用機械など、、、。
様々なものづくりで様々な人と関わりをもつことでまた新たな可能性を広げる。

ものづくりを続けていくことが社会を支えることである為、今日まで必要とされてきたと考える。これこそが当社の使命である。